顔の皮膚の老化には毛穴の開き、シミ、シワ、たるみなどがありますが、身体の場合、老化の兆候として現れてくるのが、毛細 血管の拡張と足に浮き出る血管“下肢の静脈瘤”です。また、下肢の静脈瘤は、遺伝的な要因のほかに、立ち仕事の多い方(特に妊娠出産経験者)に多く見られる疾患です。腕やふくらはぎや膝のうらに、いつのまにかスパイダー・ベイン(くもの巣のような血管)がでてくる、浮き上がった血管が異常に目立っている、 などということはないでしょうか。
昔は、下肢静脈瘤の場合は1~2週間の入院による血管抜去術以外に有効な治療法はなく、神経障害、血流障害などさまざまな合併症がありました。しかし現在では、一部の静脈瘤に対しては通院での治療が可能となりました。また、毛細血管拡張症などの細い血管も、美容目的の治療の対象とされてきています。当医院では硬化療法を行っています。

硬化療法

目立った血管に硬化剤を注射し、直ちに弾性包帯で圧迫することにより血管内壁同士を くっつけて、(静脈内腔を閉塞)線維化させることにより次第に目立たなくする治療法です。これは侵襲が少なく、治療直後の日常生活の制限もほとんどありません。
手の浮き出た血管も、硬化療法で治療を行っています。

特徴・効果

  • ダウンタイムも少なく傷跡の心配もありません。
  • 日帰りの外来で治療が可能です。

治療の流れ


症例

症例1症例1 症例2症例2

時間と回数

  • 1回:10分~15分
  • 症状によって治療回数が異なります

Dr. Andyからのメッセージ

このタイプの治療は大変高度な技術が必要です。当医院では院長自らがアメリカ・フランス・ドイツで、取得したノウハウを生かした治療を行っています。また、術後の皮膚をより強化するアフターケアには経皮膚吸収ミラクルキュアシリーズをお勧めします。

施術料金

硬化療法:15cm×15cmで¥100,000
ページトップ アンディーズクリニック:お問合せボタン
What's New
モバイルサイトはこちらから
オンラインショップモバイルはこちらから

リクルート情報
モニター募集
メールニュース登録