医療レーザー脱毛は医療機関でのみ認められている脱毛方法です

LightSheer Diode Laser Systemは米国レーザー機器安全基準に定められたレーザー機器です。ダイオードとは半導体のことで産業用レーザー装置として古くから使用され、特に治療用高出力ダイオードレーザーの開発には高い技術水準€が求められていました。ハーバード大学のウェルマン皮膚研究所とNYレーザー皮膚センターにおいて、研究を重ね、脱毛専用レーザー機器を開発しました。また、FDA(米国医薬品局)からはPermanent Hair Reductionの世界初の脱毛専用レーザー機器として承認されました。脱毛専用レーザー機器は多く存在しますが早くからPermanent Hair Reductionの研究をし、世界全人種向けに承認を受けているのはこの研究所の機器のみです。この実績は今後の医療レーザー脱毛の討議に大きく影響するものと思われます。また、日本人の皮膚に対する安全性の高さも証明され、男性のヒゲや女性の産毛にも対応ができます。そして、当院で使用している、その「ダイオードレーザー」(LightSheer Diode Laser System)わずかな時間でほとんど痛みもなく確実に脱毛が可能です。

レーザー脱毛イメージ今までの自己処理では、カミソリ剃毛による肌表面の傷つき、毛抜きによる毛穴の広がり、脱毛クリームによるかゆみの発生など、毎日の処理を重ねた為のスキントラブルが起きるケースが多かったようです。それに対し、医療レーザー脱毛での両ワキの処理は5~10分の所要時間ですし、広範囲に及ぶ脚の脱毛もわずかな時間での処理が可能です。また、1本1本毛を処理していくニードル脱毛とは異なりますので、シミや傷が残ることもありません。

ビキニラインや脚、腕など、全身の殆どの部位が脱毛可能です。忙しい方や何度も頻繁に通院できない方、急いで脱毛したい方には最適です。日常生活に支障もなく、脱毛した当日から入浴も可能ですし、更に、脱毛後は毛穴が引き締まりすべすべな肌になります。医療レーザー脱毛は医師のみに使用が許可された米国FDA公認の最先端の医療脱毛専門レーザーですので、その安全性・脱毛効果も実証済です。まずは、ひとりひとりの毛の太さ・色・性質などの毛質を診察してテスト照射をしますので、ご安心ください。施術後、アフターケアとして、強い抗酸化成分イデベノン入りのボディローションの使用をお勧めします。

ページトップ アンディーズクリニック:お問合せボタン
What's New
モバイルサイトはこちらから
オンラインショップモバイルはこちらから

リクルート情報
モニター募集
メールニュース登録