ライフワーク

Dr.Andyの活動記録 詳しくはこちら

米山奨学委員長からのメール

ライフワーク

過去の国際的な人道的活動の一部として以下のものがあります。

  • 1996年5月 2005年までにポリオを撲滅しようという目標のもとに、モンゴルの全国一斉予防接種日に立会い、自らの手で子供達にポリオワクチンを投与。
  • 1996年10月 CDCの要請で、デング熱(現在はまだワクチンがなく、医療措置としては対処療法しかない疾病)が流行っているフィリピンのマニラなどで、マスメディアを通じてデング熱に関する情報や予防の知識を伝える。
  • 1997年1月 再びフィリピンへ飛び、ポリオに冒された比較的軽傷の患者さん(子供達)に形成再建手術を行う。

その他、国際ロータリーがスイスの赤十字国際委員会と提携しているプロジェクトで、対人地雷の製造・使用を阻止するための他のNGOの運動(対人地雷により被害を受けた国に義肢を提供し、これらの地域で義肢製造会社などを発足させることなど)にも参加しています。

また、重度の火傷の5歳の子供の手術をお願いしたいと、モンゴルの医者である友人から手紙が届きました。この子供は両方の手関節から指が完全に変形して使いものにならず、右の膝は瘢痕のため、屈曲したままの状態で立つことも伸ばすこともできない重傷のため、モンゴルでの医療設備・麻酔設備・技術では手に負えないとのことだったので、日本で使われている最先端の薬と麻酔器を携え、日本での少しの募金とモンゴルへ向かった医師3人が出し合った費用を合わせ、この子供の手術をモンゴルで行いました。同時にモンゴルにて草原火災が発生。医師3人でウランバートルでやけど形成手術を十数人の患者に施し成功しました。(1996年5月)

そして環境・衛生・職業訓練・女性の地位向上の為のプロジェクトにも数々参加し奉仕に努めています。

医師という技術の力で人を助けることは私の生き甲斐です。ボランティア活動は私のライフワークであり、これから数年間は医療において緊急を要する地域は勿論、様々な奉仕の機会を探して対応していけるように、ネパール・インド・インドネシア・バングラディシュなどを重点的に訪れようを考えています。

Dr.Andyと仲間たち

これから紹介する私の仲間達はみんな国籍・文化・宗教・教育・人種等、異なったバックグラウンドから集まった人達です。みんな自分の職業を持ちながら、ライフワークとしてめざしている奉仕活動の仲間です。私たちは下記の3つの共通点で結ばれています。

  1. ボランティアを「WAY OF LIFE(人生の生き方)」として考えています。
  2. このWAY OF LIFE から生まれる「HEART SERVICE(心のサービス)」で、少しでも「BETTER INTERNATIONAL UNDERSTANDING(国際理解を深める)」そして、「BETTER WORLD TO LIVE(より住みやすい世界)」をめざして微力ながら頑張っています。
  3. 「SMILE」- いつもニコニコしています。このSMILEは顔の表情だけではなく、心からのスマイルです。
    またこのスマイルとは、

    SMILE

    の意味を含むスマイルです。このページをご覧の皆様も「SMILE」を実践して、奉仕活動の仲間を増やしてみませんか。 国外国内を問わず、身の回りの困っている人、恵まれない人達に手を差し延べること、またそのような人達に、出来る限りのあらゆる援助をすることの素晴しさを、貴方にも知って欲しいと願っています。

Dr.Andyの活動記録 詳しくはこちら
ページトップ アンディーズクリニック:お問合せボタン
What's New
モバイルサイトはこちらから
オンラインショップモバイルはこちらから

リクルート情報
モニター募集
メールニュース登録